忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
まず、プロットとはカンタンに言うとこれから書く小説の「設計図」のようなモノです。
 
その形態は小説をダイジェスト形式にまとめた「あらすじ」のようであったり、もっと単純なストーリーの要点のみを記した「メモ書き」だったりと、人あるいは業界により様々です。
 
小説を書く上では、まずこの「プロット」を作り、それに沿ってストーリーを執筆していくことが大切だと言われていますが…
 
そもそもこのプロット「必ず作る必要があるモノなのか?」と思っている方もいらっしゃることでしょう。
 
結論から先に言えば「必要性はともかくとして、なるべくプロットは作れるようにしておいた方がいい」と自分は思っています。
 
プロットを作らなくても頭の中だけで完璧に小説を構築でき、それを実際に形にできる能力を持った方なら、こと「作品を作るという点において」プロットを作る必要性は無いと思います。
 
しかし、それでも「プロットを作れるようにしておいた方がいい」理由として、まず挙げられるのが「あなたがもしプロの作家を目指しているのなら、プロットはいつか必ず必要になる」からです。
 
プロというものは自分一人だけでなく、一緒に仕事をする“他人”(たとえば小説家なら担当編集者など)が存在するものです。
 
自分一人でストーリーのアイディア出しから実際の小説執筆→完結まで全部を終えられるアマチュアのうちなら、プロットなど無くても(それでクオリティーの高い小説が書けるなら)問題はありません。
しかしプロになり、一から新しい作品を創ることにでもなれば、その小説の企画段階から他人と打ち合わせをし、内容を練っていくという作業が必要になります。
そして、そんな初期の打ち合わせ段階で完成した小説を提示できるはずもなく、そこでは企画書としての「プロット」が必要になってくるわけです。
 
今の時代は出版不況。
新しい作品の企画は、よほど面白そうでヒットが見込めそうなモノでないと、そうそう編集部内の会議を通らないという話を噂でよく耳にします。
そんな状況下において、プロットの出来は、作品が今後世に出るかどうかを左右する重要なものとなってくるはずです。
 
もちろん「プロットを作るスキル」と「実際に小説を書き上げるスキル」は別物です。
短編小説やあらすじを書くのが得意な作家とそうでない作家がいるように、プロットが下手でも上手い小説を書ける作家はいるはずです。
しかしシビアな会議の場で、外側から見ただけでは決して分からない“それ”が考慮されるとは思えません。
 
それに人間は目先のインパクトやプレゼンの上手さに騙されがちな生き物です。
(昨今、プレゼンテーションの重要性が叫ばれ、大学教育の場でもプレゼンの授業が多く取り入れられるのはその辺りの事情からなのかも知れませんね。)
なので、これから作る小説の「サンプル」であり「見本」であるプロットが、誰が見ても面白そうに見える「すごいプロット」であるに越したことはないのです。
 
(もっとも、新規の書き下ろしでも何でもなく、ネット上にUPしてあった小説をそのまま書籍化するというだけなら、プロットも何も必要ないとは思うのですが…。) 
 
それにプロットが上手に作れれば、「構成力」という点において小説のクオリティーUPできる可能性が高いのです。
 
小説には、ミクロ的な巧さとマクロ的な巧さが存在します。
ミクロ(極小)的な巧さは「文章の巧さ」「台詞まわしの面白さ」など、場面場面での魅力。
マクロ(極大)的な巧さは「構成力」――あっと驚くサプライズや、展開の巧さ、ストーリーテリングの巧みさなどです。
 
そしてマクロ的な巧さは小説全体を俯瞰で眺めないと上達しない種類のモノだと自分は思っています。
 
プロットも何も無く、ただその場面その場面を執筆していくばかりだと、今書いている場面だけに思考が囚われてしまい、なかなかストーリーを「全体像で眺める」ことができなくなる気がするのです。
 
それに「あっと驚くサプライズを演出」するためには、その前段階で巧みに伏線を絡ませておく必要があります。
そんな重要な伏線を、ぼんやり執筆していてウッカリ書き忘れないためにも、プロットに「この場面でこの伏線を入れる」ということをしっかり書いておいた方が、後で何かと便利です。
 
それと自分はプロットとは、ストーリーの“因果関係”を記すものだと思っています。
「この場面でこういうことがあったから、後にこういうことが起こる」という因果関係――すなわち、点(場面)と点を線でつなぐような作業をプロットを通じて行うことで、自然と構成力が身につくように思うのです。
 
実際、自分が「プロットを作ってから小説を書く」ということを始めたのはネット・デビュー作である「花咲く夜に君の名を呼ぶ」からですが、それ以前に書いていた作品と比べて構成力は雲泥の差だと感じています(←もちろん当人比で)。
 
(何しろ「花咲く…」は前半ほぼ伏線のみでストーリーが構築されているような小説ですので。…まぁ、そんな津籠のプロットも、現時点では他の方にお見せできないような(見てもらっても内容が解読できないような)“メモ書き図式”状態ですので、あまり大きなことは言えないのですが…。)
 
また、例え「実際にプロットを作らなくても、頭の中だけで全て組み立てられるし、物語完結まで書き上げられるから、必要ない」という人であっても、一度は「プロットを実際に紙に書き出し、それを元に小説を最後まで書き上げる」という作業をしてみると、プロット組み立てから執筆までの一連の作業工程(どの時点で何をどうすれば良いのか)が“可視化”され分かりやすくなるので、次回からよりスムーズに頭の中でプロット組み立てができるようになると思います。(←津籠自身の経験談によるものです。)

拍手[0回]

PR
先に念のために一応書いておくと、テキスト・エディタとはWindowsで言うなら「メモ帳」(マッキントッシュなら「SimpleText」?(←MacPCを使ったことがないので詳しくありません。スミマセン。))のような、文章を打ち込むためのごくごくシンプルなアプリケーションのことです。
 
(iPadなどのタブレット端末でも、元から入っているメモのアプリがあったり、もっと便利な機能のついたメモアプリがストアにいろいろあったりします。)

……で、本題に入りますが、小説投稿サイトにネット小説を投稿している皆さん……まさか、いきなり投稿サイトの文章投稿画面(編集画面)に直接、小説本文を打ち込んだりはしていませんよね?

ネット環境に何の問題もなく、また投稿に使っているPCや各種端末のスペックにも何の問題も無くて、途中でフリーズする可能性がゼロというなら、それで構わないと思います。

しかし、もし少しでもネット環境やPC・端末のスペックに問題があるとしたら、バックアップも取らずに直接本文を打ち込んでいくのは危険過ぎます。
 
なぜならそれは、ネットの接続が突然切れたり、PC・端末がフリーズしたり強制終了したりした途端、今まで打ち込んできた何百、何千、何万という文字・文章たちが一瞬で消えてしまうというリスクを孕んでいるからです。

そんなわけで、自分は小説投稿サイトに投稿するにしろ、自作サイト用のWEBページを作成するにしろ、まずはテキスト・エディタで本文を打ち込み、PC上に保存しておいてから、それをコピー&ペーストして投稿したり、WEBページを制作するようにしています。
 
(念のため一応書いておくとPC等で作成した文章は、コピーしたい部分を選択後、マウスの右クリックで「コピー」を選択→さらにコピーしたい先にカーソルを持っていって右クリックで「貼り付け」を選択で「コピー&ペースト(いわゆる「コピペ」)」ができます。)

オフライン作業でテキスト・エディタだけを起動しての作業なら、そもそもネット接続の状態を気にする必要もありませんし、PCがフリーズすることもまずありません。

それにブラウザ(インターネット閲覧ソフト)を開いているとそれだけで動作が重くなり、キーを打っているのになかなか反応してくれなかったりすることがありますが、テキスト・エディタは軽いのでサクサク動いてくれます。

(自分の場合、キータッチの速度のせいかPCのスペックのせいかは不明ですが、Wordでさえ動作が重くてイラッとするので文章の打ち込みは最早テキスト・エディタでないと無理になってきています。)

それに投稿サイトさんの投稿画面だと、モノによっては文字が小さ過ぎて見るのがツライのですが、テキスト・エディタは比較的文字サイズも大きく、打った文章を見直したり推敲するのもラクラクです。
 
(タブレット用のメモアプリも、モノによっては文字サイズが調節できるので大きな字でサクサク作業することができます。ちなみに自分はiPad用アプリで「おとなのメモ帳」というアプリを使っています。(←「おとなの…」という名前ですが、べつにアダルティ~なアプリではありません。)
 
また、テキスト・エディタは投稿小説やその他諸々の文章の「バックアップ」を取る際にも大変役立ちます。
 
文章コピーの使える小説投稿サイトさんなら、小説投稿画面で文章を一度全部打ち込んだ後(サイトによっては文章打ち込み後、ルビ振りや各種特殊タグを使ったりした後)、その打った文字列を一度全部テキスト・エディタにコピー&ペーストして保存しておけば、簡単にバックアップがとれます。
 
もちろん投稿小説サイトのみならず、ブログやメールなど、失くしたくない大切な文章を保存したい時にも「文章の編集画面でコピー→テキスト・エディタにペースト(貼り付け)→保存」することにより簡単にバックアップがとれます。
 
それと、テキスト・エディタには小説サイトなどのWEB制作をする上で大変便利な使い方がもう一点あります。
それは、URLやWEB制作に使うタグ/コードのコピー&ペーストという使い方です。
 
たとえばWEBサイトのとあるページから外部のサイトさんへリンクを貼る際、リンク先として相手先サイトのURLを入力しなければならないわけですが、いちいち打ち込むのは大変面倒くさい上に、タッチミスして一文字でもURLを間違えれば、リンクエラーで相手先へ飛べない、というリスクがあります。
 
かと言って、いちいち相手先のWEBページを開き、URLをコピーしてからペーストするのも、それなりに面倒くさい作業です。
なので、リンクを貼る頻度の高いURLは、あらかじめテキスト・エディタにまとめてコピー&ペーストし、保存しておけば良いのです。
 
さらには「カウンター」や「アンケート」あるいは「アフィリエイト」などのWEBサービスのコードやタグも、テキスト・エディタにコピー&ペーストで保存しておくことができます。
これも、先にまとめてテキスト・エディタに保存しておいて、後で一気にWEB制作をするという方法をとれば、作業効率が上がりまし、バックアップにもなります。
 
最後にこのテキスト・エディタの最大の利点――それは、何と言っても保存したテキスト文書がデータ的にメチャクチャ“軽い”ファイルだということです。
結構な文章量を打ち込んでも1MB行くことすらありません(←あくまで個人的経験からの話ですが)。
 
なのでPCにしろフラッシュメモリにしろ、残り容量を気にする必要もなくサクサク保存できます。
(ただしフラッシュメモリはデータがクラッシュすると文字化けするので気をつけてください。←経験談。)
 
と言うわけで、下手するとPCに最初から入っている「おまけ」的に思って全く使わない人がいるかも知れないテキスト・エディタ、何気にものすごく使い勝手が良いので、今まで使ってこなかったという方はこれから是非、使ってみてはいかがでしょうか。

拍手[0回]

ネット小説を書く理由動機モチベーションの源は、人それぞれ違うと思います。
 
小説家として人気を得たい、多くの人から評価されたい、多くの人に「読まれる」小説を書きたい、という想いからネット小説を書いている人も、もちろんいることでしょう。
 
他者からの評価や承認はモチベーションの源になりやすいですし、それを励みに執筆を続けていくのは、もちろん良いことだと思います。
 
ただ、それを小説を書くモチベーションの“核”――小説を書く“理由”や“意味”の、最も中心にある根幹のモノとして位置づけてしまうのは危険です。
なぜなら、他人の心は自分の思い通りにはできないから――どんなに一生懸命に執筆して、その小説の出来栄えが客観的に見て素晴らしいものだったとしても、それが必ずしも評価されるとは限らないからです。
 
読者やユーザーの目線で考えてみれば分かることかも知れませんが、読者やユーザーは必ずしも小説や商品を“クオリティー”によって評価するわけではありません。
たとえクオリティー(文章の巧さや構成力、台詞回しや言葉遣いのセンスなど)が他と比べて低くても「このキャラが好み!」だとか「このカップリングが萌え!」だとか「このシチュエーションがツボ!」だとか、何か1つ、自分の心の琴線にド直球で触れてくるモノがあれば、好きになってしまったりするものです。
逆に、たとえクオリティーが高くても「萌え」たり「燃え」たりできる要素が無ければ「うん。まぁ面白かった」とサラッと流されて終わり、“好き”になってもらったり“ファン”になってはもらえない、という可能性も大いにあります。
 
つまり人気が上がるかどうかは「自分の作品が、自分の作品を読んでくれた読者の“ツボ”にどれだけハマれるか」ということでもあるのです。
そしてそれは「作者の趣味嗜好が、どれだけ多くの読者と共通したメジャーな趣味嗜好なのか」という元々の属性や、「自分と趣味嗜好を同じくする読者が、どれだけ自分の作品と出会ってくれるか」という運・確率に左右される問題でもあるのです。

(もちろん、そんな趣味嗜好やツボの違いさえ覆してしまえるほどのクオリティーというものも世の中には存在するのでしょうが、アマチュアなネット小説家を想定しているので、その辺りは今回は脇に置いておきます。)
 
世の中、どれほどニッチな市場だとしても、需要と供給が上手くマッチングしていけば市場として上手く成り立っていけるものです。
しかし、その「ニーズのある所に上手く商品をアピールしていく」ということが、プロのセールスマンさんや広告代理店さんをも悩ませているであろう最大の難点だったりするのです。
(だから昨今の世の中は「分かりやすく大きな需要を見込める」ものにばかり供給が集中して、似たようなジャンルばかりが溢れかえる結果になっているのかも知れませんね…。)
 
だから、今現在自分の作品の「数字が伸びない」「評価が伸びない」からと言って、必ずしも落ち込む必要は無いのです。
それはただ単純に「あなたの作品のファンとなるべき読者が、まだあなたの作品と出会っていない」だけかも知れないからです。
(もちろんそうではなく単純に作品のクオリティーが低い場合もありますので、自作品を省みて、改善点を見つけられるなら直した方が良いですし、対策が取れるなら取った方が良いと思いますが。)
 
まぁ、それを置いておいたとしても、たとえ今後どんな人気作家になる人だとしても「始まりが0(ゼロ)スタート」であることは当たり前ですし、数字が低いうちはその数字だけを見て「こんなに数字が低いんじゃ、きっとつまらないんだろう」と去っていく人もいますので、あまり数字によってモチベーションを左右されない方が自身のためかと思います。
 
…で、ここからが本題なのですが――だったら何をモチベーションの核に据えたら良いのか……自分の場合それは「小説を書くこと自体が楽しい」という気持ちです。
やはり「それ自体が楽しい」ということは、それを続けるための最大の理由になりますし、自然とモチベーションが湧いてきます。
 
後は、その気持ちを忘れないようにすることです。
数字が伸びなかったり、評価が悪かったりすることに凹んで「こんな小説、書いても何にもならない」などと自分で自分の作品を否定してしまったり、小説を書くこと自体の楽しさを忘れてしまったりしないよう、常に書くことの“楽しさ”を意識し続けることです。
 
そして作者が心から“楽しんで”書いていけば、それは小説自体にも影響を与え、クオリティーを上げてくれるように思うのです。
「どうせ駄目だ」とか、変に萎縮して書くよりも、のびのびと楽しんで書いた方が、大胆で思いきった場面や描写を入れられたり、自分なりの「萌え」や「燃え」が入れられるような気がするので。
 
それと自分なりに心がけていることが、もう1つ。
それは訪問者数やページ・ビュー数として表れる“数字”を、ただの“数字”として見ないこと、です。
ただの数字の羅列だと思えば、その大小や伸び方だけで一喜一憂してしまいますが、“それ”はネットの海の向こうにいる“誰か”――ひとりの人間が、パソコンやスマホや諸々の端末を使って自分の作品に“触れて”くれたことの結果なのです。
 
たとえ一人だって、二人だって、広い広いネットの海の中で自分の作品に辿り着いてくれて、読んでくれて、そしてもし何かを感じてもらえたなら、それはきっと“意味”のあることではないでしょうか。
 
実際、管理人の運営するファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」など、最初の頃はほとんどカウンターが伸びませんでしたが、何となくリピーターさんがいる気配(←まだ小説検索サイトさん等に登録していないにも関わらず数週間おきに訪問してくださる方がいらしたので「これは偶然辿り着いてくれたユーザーさんがリピートしてくれているに違いない」と思って)に「一人でもこの小説を楽しんでくれている読者さんがいるなら、その人のためだけにでもこの小説を完結させよう!」と意欲が湧いてきたものです。

(実際、サイト開設当初から連載していた「花咲く夜に君の名を呼ぶ」と「夢見の島の眠れる女神」は、時間はかかったものの両方ともちゃんと完結できましたし。)

まぁ、管理人は“誰が”サイト(あるいはページ)を訪問してくれたかを知ることはできませんし、たまたま検索で引っかかって訪問はしたものの、一見しただけで去っていってしまった方の数字が残っているだけかも知れません。
でも、何となく似たような周期で訪問してくださっている方がいると「リピーターさんかな」と思ったりしますし、その気配を感じたり想像したりするだけで、やる気が湧いてきたりもします。
まぁ、それが単なる勘違いや妄想だったとしても、結果として作者のモチベーションupにつながるなら結果オーライで、それはそれで良いのではないかとも思っています。

拍手[0回]

WEBサイトのデザインで独自に工夫していることのひとつに、TOPページ周辺で「季節感を演出」している、ということがあります。
 
どういうことかと言うと、春夏秋冬の四季に合わせ、サイトのTOPページ周辺のデザインも「模様替え」しているということです。
 
たとえば背景画像も春は淡いグリーンに白や黄色の花柄、夏な水色に紅い金魚模様などといった具合に、その季節らしい変化をさせていますが、特にこだわって変えているのが、サイト・タイトルのバックにある「森」の変化です。
 
管理人の作っているファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」は、サイト・タイトルに「」と入っているように、コンセプトが「森」(正確には「癒やしの森」がコンセプト)になっています。
(だから、サイト・タイトルの背景画像が「森と、その向こうに垣間見える湖」だったり、ところどころアイコンやロゴに木や葉っぱがあしらってあるのです。)
 
なので、その「森」にも四季の変化をつけたいな……と思い、季節ごとに森の画像を変えてみています。
   ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
(冷静に考えれば、秋に紅葉して落葉した木が冬に雪の下で緑の葉をつけて繁っているのはオカシイのですが、その辺りは考えないことにしています(笑)。)
 
……と、まぁこんな風に、季節によって変化をつけることで、そこはかとない「ライブ感」を出し、同じサイトであっても「ずっと同じ」「変わらないもの」ではないのだとユーザー様に認識してもらい、「季節も変わったことだし、しばらく行ってなかった『言ノ葉ノ森』でも行って見てみっか」などと思ってもらえれば嬉しいなー、などと考えているわけです。
 
まぁ、ただ単に管理人の趣味という面も、ものすごくありますけど……。
 
ちなみに森の絵はCGスキルのあまり無い管理人がフォトショップ(エレメント)や素材集の素材を使ってこしらえたものなので、クオリティーが低いのは仕方が無いと思ってください。
 
ちなみにちなみに、サイト開設当初はこの森の絵、静止画で動いていませんでした。
動き始めたのは、途中で管理人が「これ、GIFアニメ使えば動くんじゃ…?そしてさらに森っぽさが増すんじゃ…」と気づいてしまってからです。
 
さらに言えばアニメーションの仕方は年によって微妙に変化して来たりしています。
ある年の春には確か森の中でウサギが謎の大ジャンプをしていたこともありました。
(ウサギらしくピョコピョコ動かすつもりが、何だかジャンプの距離を伸ばし過ぎておかしなことに…。)
またある年の冬には、森に降る雪が「これ、ただの“雪”じゃなくて“吹雪”なんじゃ…」くらいの勢いで降っていたことも…。
(あまりにもアレな時にはその季節のうちに後でほんのり修正を加えたりもしています。)

拍手[0回]

不特定多数の人々へ向けて小説を“発信”する上で問題となってくることの一つが「読者のニーズにどう応えるのか」「読者の“求めているもの”と作者の“書きたいもの”との折り合いをどうつけていくのか」ということです。

もちろん「人気なんてどうでもいいや」「これは自分のためだけに書いている小説なんだ!」ということであれば読者のニーズを考える必要も無く、ただひたすらに自分の書きたいものだけを追求していけば良いわけです。

しかし「誰かに読んでもらいたい」「人気が欲しい」のであれば「読者がどんな小説を求めているか」を考えることが重要になってきます。

ただし「読者のニーズ」や「小説の中で今一番人気のあるジャンル」が、必ずしも作者の書きたいものと同じとは限りません。
また、書くには書けても「上手くは書けない」不得意な分野だったり、好きな分野ではないので「モチベーションが上がらない」という問題が発生してくる可能性もあります。

そういった問題もひっくるめて、では、実際どうしたら良いのか…方法は、いくつか考えられます。

まず一つは「自分の書きたい小説の“ニーズがありそうな市場”を探す」ことです。

ネット小説と一口に言っても、小説を投稿できるサイトさんは沢山ありますし、自作サイトを検索サイトさんに登録するにしても、その検索サイトさんも沢山あります。
そして、小説投稿サイトや検索サイトごとに、その特徴や読者層は違っているのです。

ある小説投稿サイトを見て「ここで人気のある小説って、何だか自分の書く小説とは方向性が全然違うな」「ジャンルが偏ってるな。しかもそのジャンル、自分の不得意なやつだ」などと思ったなら、そこは避けて、自分と趣味・嗜好の似た読者が集まりそうなサイトを探していくことも一つの手段だと思います。

ただし、そもそもその趣味・嗜好がニッチでマイナーなジャンルの場合、そこにニーズを持っている読者人口自体が少ない可能性は否めません。
その場合はもう「この市場を自分が開拓するんだ!」くらいな勢いと熱意で、そのジャンルの魅力を様々な手段で事あるごとにアピールし、ターゲットを少しずつ広げていくしか道は無いのかも知れません。

以上は「自分の書きたいものを絶対に譲らない・妥協しない」場合の方法ですが、もっと現実的な方法としては「読者のニーズと自分の書きたいものとの間で妥協点を見つけていく」という方法が挙げられます。

そのためには、まず自分の中の「絶対に譲れないこだわり」と「そうでない部分」をハッキリさせていくことです。

小説を書くにあたり、自分が絶対に書きたい部分とは何なのか――ジャンルか、世界観か、キャラクターか、テーマ性か、ストーリーか……それを改めて見つめ直し、小説を書く上で絶対に譲れない“”の部分をハッキリさせたなら、それ以外の部分は柔軟に読者のニーズを受け入れられるようにしておくことです。

たとえば「このキャラクターが描きたい!」というのが核にあり、けれどその世界観やジャンルが現在あまり人気の無いものだった場合、そのキャラクターを活かして世界観・ジャンルを人気のあるものに移し変えられないか、考えてみるのです。
たとえば「このキャラの話、最初は近未来SFで考えてたけど、異世界ファンタジーに変えても何とかイケるかな?」といったように…。

ただし、これには少々頭の柔らかさが必要となってきます。
ジャンル・世界観・キャラクター・テーマ・ストーリーを、絶対不可分な一体のものとして考えていると「どこか一部でも変えるなんて無理!」となってしまいます。

あらかじめ小説の要素をバラバラの積み木のブロックのように考え、組み合わせを自由に変えられるように思考を柔軟にしておくと、読者のニーズに応える場合のみならず、設定やプロット段階で行き詰ってしまった場合など、様々な場面で何かと役に立ちます。

それと、ある意味最も有効な手段とも言える方法が一つ――それは「今、人気のあるジャンルを自分自身も好きになる」ことです。

第一印象で「何でこんなのが人気なんだ」「つまらないじゃないか」などと思ったとしても、そのまま毛嫌いしないで、そこに何か面白い要素は無いか、自分でもハマれる要素は無いかと先入観を取り払った目で見つめ直してみるのです。

自分の場合は幼稚園児並みに好奇心旺盛でギャグ漫画から万葉集まで全て美味しく頂ける節操無しなので、そもそも「このジャンル無理」というのが(ホラーや過度なバイオレンス以外はほとんど)無いのですが…ただ、とあるジャンルで面白くない小説を読んだ時には、そのジャンル自体がつまらないと思うのではなく「ここをこう料理すれば美味しく頂けるのにな」「自分だったらこう創るな」というのを考えます。

第一印象で苦手だと思った人間を、意外なきっかけで見直したり好きになったりすることがあるように、真っ直ぐに向き合ってみればつまらないと思っていたジャンルの中にも何か1つくらい、自分の好きになれる要素が見つかるかも知れません。

……とは言え今挙げた方法は全て、そもそも作者自身が読者のニーズというものをちゃんと把握できていてこそ有効な方法ではあるのですが……。

今の世の中はとにかくニーズの読みづらい時代であるように思えます。
流行ったかと思うとすぐに廃れたり、意外なものが急に人気を博したり……何がウケるか分からない時代と言えるのかも知れません。
なのでもしかすると、そんな時代の流れにより浮き沈みする上辺だけのニーズではなく、いつの時代にも人々が求めてやまない普遍的なニーズ、人間という生き物の根底にあるニーズを追い求めていくことこそが、真のニーズ追求と言えるのかも知れません。

拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
ブログ記事一覧

(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」



DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。
参加ポータルサイト

人気ブログランキング
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。

電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]