忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
小説を書きたい人の全てが、時間に恵まれているとは限りません。
 
個人が自由に使える時間は一人一人違っていますし、小説を書くスピードも人それぞれです。
 
それでも小説には時として「時間が求められ」ます。
 
新人賞の締切があったり、一定間隔で更新しないといけないというプレッシャーがあったり…。
 
なので今回は自分が今までに培ってきた「時間が無い時の小説の書き方」を書いていこうと思います。
 
(あくまで自分にとっての小説の書き方」ですので、万人に通じるかどうかは分かりません。その辺りはご了承ください。)
 
まず「最終手段」から書いていきますが――それは「クオリティーにはこだわらず、まずはストーリーだけを最後まで書き切り後で時間の許す限り“推敲”をする」という書き方です。
 
小説を書いていて「詰まる原因のひとつには「良い文章が思いつかない」「書こうとしているシーンが何だか気に入らない」ということがあると思います。
 
ですが、そこで詰まって悩んで時間を食っていては、いつまで経っても小説が書き上がりません。
 
なので、まずはとにかく「ダイジェスト」でも「あらすじ」でも「小学生のような文章」でも良いので、とにかくストーリーだけを先に書き切ってしまうことです。
 
そして一旦エンディング(あるいはキリの良いところ)まで書き終えた後で、書いた文章を読み直し、加筆修正していけば良いのです。
 
曲がりなりにも最後(キリの良いところ)まで書き上げているなら、そこには「心の余裕」が生まれます。
 
その心のゆとりの分、途中で「書けない~」「まだまだ先が長いのに~」などと焦っているよりは、アイディアが生まれやすくなるはずです。
 
それに時間の計算もしやすくなります。
 
とりあえずストーリーは書き切っていますので、あとは優先順位の順に「残り時間的に、ココとココは直せるけど、ココは諦めざるをえないな」などと計算して推敲作業をしていくことができます。
 
(その推敲作業のためにも、ストーリーを書く段階でざっと「直したい優先順位」をつけ、できることなら、後でその部分を見つけやすくするための「目印」などつけておけるとさらに良いです。)
 
それと、最後まで話ができているなら「結末からの逆算」で途中部分のストーリーを考えることもできます。
 
余裕があれば「ここの後のシーンでこういうことがあるから、ここでは伏線を仕込んでおこう」ということもできるのです。
 
…まぁ、シーンによっては「一度書いてしまったら、気に入らなくても修正不可」なモノがあったり、結局はクオリティーが下がってしまったりするかも知れませんので、あくまでこの「とにかくストーリーだけ書き上げる作戦」は“最終手段”なのですが…。
 
こうした最終手段に追い込まれないためにも普段から気をつけておきたいことが「常に執筆作業の効率化を図る」ことです。
 
小説の執筆スピードを上げられれば、短時間で小説を書き上げられるので、時間があまりなくてもOKということです。
 
たとえばPCのタイピング速度の遅い作家さんが最初から小説をPCで書こうとするのは、かえって非効率かも知れません。
 
小説アイディア儚いもので、一度頭に浮かんでも、別の作業などに気を取られている間にふっと消えてしまうこともあります。
 
せっかく先の展開のアイディアを思いついても、PCの文字打ちが遅いばかりに、なかなかそのシーンまで進めず、やっとそのシーンに辿り着いたと思ったら、もうアイディアがぼやけてしまっている…というのでは勿体なさ過ぎます。
 
(まぁ、手書きは手書きで遅いかも分かりませんが、アナログなら先の展開はメモしておけますので便利です(→過去記事「下書きノートの使い方」参照)。)
 
何がその人にとって効率的な書き方なのかは、人それぞれでしょうから、自分が「どいういう時なら小説を速く書き上げられるのか」を意識し、その方法を見つけたなら、それを繰り返し実行するようにするのが良いかと思います。
 
ちなみに自分が個人的に行っている「執筆作業の効率化」については、時間があればそのうちまとめたいと思います。

拍手[0回]

PR
自分は小説を書く際、パソコンで清書する前にノートに“下書き”をしています。
 
いわゆる「ネタ帳」や「アイディア・ノート」「創作ノート」などとは別に、下書き専用のノートを作り、そこに小説本編を書いていきます。
 
ノートに手書き→PCでタイピングという工程は一見「二度手間」で無駄なようにも見えますが、自分にとっては「最初からPCで小説を打っていく」よりも、よほど効率的で小説のクオリティーがUPできる方法なのです。
 
何がそんなに良いのかと言うと、一番には「推敲のしやすさ」があります。
 
一旦書きあげた文章を、ざっと読み直して校閲したり、描写をもっと良いものに直したりする作業には、デジタルな文書より、紙というアナログな物の方が(個人的には)断然やりやすいのです。
 
デジタル文書では、スクロールして直したい文章を探すのも一苦労ですし、新しい文章を上書きすれば、元の文章は消えてしまいます。
 
紙ならフセンを貼ったりラベルシールを貼ったりなど目印を付けやすいですし、元の文章を線で消して近くに新しい文章を書くなどして、元の文章を残しておくこともできます
 
(この「元の文章を残しておく」のが、後々ストーリーに詰まって「やっぱり元の文章に戻そう」と思った時にものすごく便利なのです。)
 
それに、元の文章を黒で書いていたなら、修正は赤や青など別の色のペンですれば、どこをどう修正したのかが分かりやすくなります。
 
(ちなみに自分は元の文章もシャーペンや鉛筆ではなくボールペンで書いています。シャーペン等だと、手にこすれて文字がかすれたり袖口が汚れたりするのがイヤなので…。)
 
それにPCだと、電源を押して立ち上がるまでに時間がかかって面倒臭いため、なかなか「一度打った文章を読み直す」気にはなれません。
 
その点ノートなら、ちょっとしたスキマ時間にサッと取り出して、直したい部分だけパッと直すことができます。
 
残業などで帰宅が遅くなって「あまり何かをする気になれないな~」という時でも、気まぐれにノートを手にとってパラパラと今まで書いた文章を眺めていれば「あ、ここ直したいな」「ここをもっとこうすれば良くなるな」などという部分に気づけます。
 
ちなみに自分の場合、気に入らなければ書いたページを1~数ページまるっと消すこともザラですが、長い文章を修正したい場合には、大きめのフセンやメモ帳や便せんなどに新しい文章を書いてマスキング・テープやホチキスで留めておきます。
 
下書きノートの利点はそれだけではなく、第二に「ちょっとしたメモ」「ミニ・アイディア帳」として使える、ということがあります。
 
ノートには大概の場合、上と下にちょっとした余白があると思うのですが、自分はその余白を「先の展開のアイディアを書き留める」のによく使います。
 
小説の中のワンシーンを書いている時、「その場面が終わった後の先の展開」をふっと思いつくことがあるのですが、せっかく思いついても、今書いているシーンを書き上げないことにはその場面を書き始められません。
 
そしてそんな「今書いているシーン」に思いのほか手こずって時間がかかってしまうと、せっかく思いついたアイディアがぼやけてしまっていることがあるのです。
 
なので、そんな「先の展開のアイディア」を思いついた時には、とりあえずそのアイディアを今書いているページの上の余白にサッと書きなぐっておくのです。
 
この余白スペースには、ストーリー・アイディアの他にも「この先出したいキャラクターの名前」や「アイテムの名前」を書いておいたり、作業用BGM代わりに流していたTVでふっと聞いた面白い情報を書き留めておいたりするのにも使います。
 
ちなみに自分の場合、複数の小説を同時進行で書いていることが多いので、ノートは分かりやすいようにあえてシンプルなものは避け、キャラクターや動物や柄の入っているものを選んでいます。
 
(学生時代はシンプルなものを使っていたんですけどね…。後で見ると、どのノートに何の小説が書いてあるか分からなくなるので…。ちなみに「選帝のアリス」は分かりやすくアリス柄のノート…。無地のノートにはわざわざ表紙にアリスのシールを貼っています。)

拍手[0回]

前回小説クオリティーを上げるための「習作」の書き方として、「小説の中の“何か”を意識して書く」ということを挙げましたが、今回はそれとは別の“習作の書き方”を挙げていきたいと思います。
 
それは一言で言ってしまえば「バリエーションを増やす」ということです。
 
たとえば、前回「三人称」で小説を書いたなら、今回は「一人称」で書いてみるだとか、前回が男主人公だったなら、今回は女主人公にしてみる等、これまでにやらなかったことをやって「引き出しを増やす」ことです。
 
中には実際に書いてみて「これ苦手だ、無理だ」と思ってしまうモノもあるでしょう。
 
しかし、もし成功して新たな“得意”を手に入れたなら、それは確実に物書きとしての“財産”になります。
 
自分も実はネット・デビュー当時からこの「バリエーション」を意識していて、実際ネット・デビュー作の2作(「夢の降る島」と「花咲く夜に君の名を呼ぶ」)は、三人称と一人称、コメディ要素あり完全シリアス現代古代、という風にいろいろな面で差異があります。
 
最近、特にその「バリエーション」を意識して書いているのがオムニバス恋愛SS(ショートショート)シリーズの「純恋結晶(まるで純度の高い恋の結晶のような…)」です。
 
SSなので、1作1作が短くて済みますので、習作には「もってこい」ですし、オムニバスなので1作1作で設定を変えられ、バリエーションが増やせます。
 
…で、具体的にどうバリエーションを増やしているかと言うと…
 
まず、1作ごとに奇数回は女性視点、偶数回は男性視点と、主人公が女か男かを入れ替えています。
 
(つまりは同性でも異性でも書けるようになるための“練習”です。)
 
それと「自分」と「相手」の「呼び方」のバリエーション、それに伴う関係性のバリエーションを意識しています。
 
同じ男であっても一人称が「俺」か「僕」かで印象は変わりますし、相手への呼びかけも「お前」「あんた」「あなた」「君」などと変わることにより印象が変化し、また主人公との関係性の印象も変わります。
 
(「お前」だと親しげだとか、「あなた」だと少し遠い感じがするだとか…。)
 
そうして主人公の“性格”に様々なバリエーションを持たせ、関係性を変えることで、描かれる“恋の形”にもバリエーションを持たせようという試みです。
 
「恋」と一口に言っても、片想い、両想い、無意識の恋、失恋、禁断の恋など、その形は様々ですから…。
 
様々な恋の形、そしてそれに伴う主人公の感情を描くということは、自分の物書きとしての可能性を広げてくれるような気がするのです。
 
(とは言え、所詮は同じ人間が書いているモノですので、バリエーションを増やそうとしても、どこか似たりよったりな話になってしまっている可能性は否めないのですが…。)
 
…ただ、この「バリエーションを増やす」ですが、小説スキルをUPさせたり、小説のクオリティーをUPさせるための“習作”としては役立つかも知れませんが、読者のニーズに応えるという点においては逆に「よろしくない」ことかも知れません。
 
「特定のジャンルや特定のシチュエーションしか好きでない」という読者にとっては、バリエーションが多いということは、それだけ「自分の好みでないジャンル・シチュが多い」ということになるでしょうし…。
 
…まぁ、そんなストライク・ゾーンの狭い読者様にも「こういうジャンルもアリかも!」「今まで見向きもしなかったけど、こういうシチュエーションもイイじゃん!」と思わせるような小説がジャンジャン出て来ないことには、特定のジャンルばかりが飽和状態に陥って、何だか小説界全体の未来が暗い気がしてならないので(←個人的に生物学的な観点(?)から、多様性が失われることに過剰な不安を覚えるのです。)いろいろ悩ましいところなのですが…。

拍手[0回]

念のため書いておくと、習作とは文字通り「練習」のために書く「作品」です。
 
どんな分野であれ、ひたすら作業をこなして“慣れ”ていけば技術は向上するものですから、「習作」という形ではなく、ただ普通に作品を書いていくだけでも、ある程度のスキルUPは見込めると思います。
 
ただ、もっと確実に目に見えるほどの成果が欲しい、という場合には「習作」を書くのがとてもオススメです。
 
「習作」とは言え、何も最初から「誰にも見せない練習用」にする必要はなく、出来が良ければネットにUPすれば良いですし、「ダメだコレ、人に見せられるレベルじゃない」という作品になりそうな場合には、どこにも出さずこっそり闇に葬れば良いだけです。
 
「習作」の何が「その他の普通の作品」と違うかと言えば、「何も考えずに書くのではなく、小説の中の“何か”を意識して書く」という、それだけのことです。
 
その“何か”は、文体かも知れませんし、構成かも知れませんし、執筆スタイルかも知れません。
 
最低でも何かひとつ、自分が現在苦手だと思っている“何か”、あるいは今後極めていきたいと思っている“何か”意識し、それに対する“努力目標”を設定して一作品を書き切ると、たぶん、その後の小説のクオリティーが恐ろしく上がります。
 
(あくまで管理人個人の経験からの話なので、万人に通用するかどうか保証はできませんが…。)
 
管理人個人の経験から具体例を挙げるなら、たとえば自分が「花咲く夜に君の名を呼ぶ」という和風ファンタジー小説を書き始めた時、「コメディ要素の無い、超シリアスな内容で。だけど“面白い”小説を」という目標を掲げていました。
 
と言うのも、それまでの自分の作風が、どうにも「“面白さ”を“コメディ要素”に頼りがち」な気がしていたので、そういう「“コミカルな要素”を封印しても、なお“小説自体の面白さ”を出せる」ようにしたかった、というのがあります。
 
(あと、同時連載のもう1つのネット・デビュー作「夢の降る島」と差別化を図りたかったというのもあります。そっちはコメディ要素に封印をかけていなかったので。)
 
安易にコメディに逃げられない、常にシリアスな展開の小説というのは、正直なかなかハードルの高いものでした。
 
…で、コメディ無しにどうしたら面白くできるのか悩んで考えて辿り着いた答えが「アクション」と「サプライズ」だったのですが…
 
気づけばこの「花咲く夜に君の名を呼ぶ」、アクション・シーンバトル・シーン含む)と「どんでん返し」の回数が半端でなく多くなっていました…。
 
(少なくとも1~2章に1回は何らかのアクションがあります…。サプライズの回数は…どの程度までをカウントして良いのか分からないので、作者には数えられません…。)
 
それが良いのか悪いのかは分かりませんが、実は自分、この作品を書くまで自分にアクション・シーンやバトル・シーンが書けると思っていなかったのですが(と言うか「食わず嫌い」ならぬ「書かず嫌い」な苦手意識があったのですが)、数をこなしているうちに、気づけば何の抵抗も無くアクション・シーンが書けるようになっていました。
 
当初は特に「アクション・シーンを書けるようになるための習作を書こう」と思って書き始めたわけではなかったので、これは予想外の思わぬ副産物でした。
 
…と、このように、普段、何の気なしに使っている要素をあえて封印してみたり、「今回はこういう技法を使って小説を書いてみよう」などと様々な“縛り”をかけて小説を書いてみることで、思わぬスキルUPや、今までに持っていなかった新しい技術を得ることがあります。
 
…ただ、先に言っておきますが、コレ、長編でやるべきではありません
 
「習作」などの実験的な作品を創ってみるなら、まずは短編、あるいはもっと短いSSなどで試しておくべきだった…と、管理人は過去の実体験から痛感しています。
 
慣れない技法、あえて難しい書き方にチャレンジ、というのを長編でやってしまうと、時間はかかりますし、途中で詰まることはありますし、下手をすると完結しないリスクが出て来てしまいますので…。
 
(自分の場合、“下書き(プロットよりもっと詳細なレベルのモノ)”がラストまでできていたので意地でも完結させましたが…。)

拍手[0回]

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している小説のほとんどには「用語解説フレーム」という機能がつけてあります。
 

 
(タブレットやスマホ・携帯端末の画面では上手く表示できない可能性もありますが…。)
 
それは「言ノ葉ノ森」独自オリジナル機能なのですが、小説本文の中の特定の単語(色が変わっていたり、アンダーラインが引いてある単語)をクリックすると、ページの左サイドにある小窓の中にその単語の説明・解説文が表示されるというものです。
 
この余分な機能が付いている分、作業量が増えて1ページをUPするのに余計な時間がかかってしまうのですが、わざわざそんなひと手間を付け加えるのは、それ相応のメリットがあると、個人的に考えているからです。
 
まず1つは、読者に馴染みが無いようなマニアックな用語を、小説の本文内部でなく別個の用語解説として説明できること。
 
難しい言葉を説明するためには、本来それなりの文章量を割かなくてはいけませんし、そうやって長い説明文を入れると、読者に飽きられる危険性が高まります。
 
その用語解説を別窓に表示できるようにすれば、小説内でその単語の説明に触れなくても良くなり、小説ボリューム自体を抑えることもできます。
 
また、読者の中にも、そういったマニアックな知識を増やしたい方もいれば、「難しい用語はスルーすればいいや」という方もいらっしゃるでしょう。
元から知識を豊富に持っていて「今さら説明なんてされても邪魔なだけ」という方もいれば、「何コレ全然分からないんだけど。もっと説明ください」という方もいらっしゃるでしょう。
 
そういった個人個人のニーズやスペックの差にも、この用語解説フレームは対応できます。
 
単語の意味を詳しく知りたい方はクリックして説明を表示させれば良いですし、「べつに知りたくない」という方はクリックせずにスルーすれば良いだけの話なのですから。
 
そして2つ目に、そうやって用語解説を入れられることで、作者側としても「この単語使ったら読者の方に分かってもらえないんじゃないか?」だとか「こんなに難しくてマニアックな単語ばかり入れて大丈夫かな?」という余計な心配をすることなく小説内に自分の使いたい単語を自由に、安心して入れられるというメリットが発生します。
 
特に、国語の実力テストで誤答が頻発するという「意味を間違われやすい単語」は、個人的に小説内で使いづらいという心理があったのですが(←こちらは正しい意味で使っていても、一般人の6割以上が意味を間違って覚えている単語などだと、間違った方の意味にとられかねないからです。)、その「間違われやすい言葉」に用語解説を付けておけば、こちらとしても安心してその単語を使うことができます
 
(たとえば「おもむろに」とか、ですね。実際に和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の中で用語解説を付けています。)
 
しかも、その単語をクリックしてその言葉の「正しい意味」を読んでおいた読者の方は、次から国語のテストで答えを間違えないという、作者にとっても読者にとってもオイシイ機能だったりするのです。
(まぁ、読者様が「クリックすれば」の話ではあるのですが…。)
 
さらには小窓内に表示された解説文の中にも「クリックできる単語」が含まれている場合があります。
 
これは解説文から、さらに一層深い解説文へ飛ぶことで、イモヅル式にどんどんディープな知識にアクセスできるようになっているのです。
 
これも、知りたい方はクリックすれば良いですし、べつに興味がなければスルーすれば良いものですので、好奇心が旺盛な方は小説を読みながら気になる単語を次々にクリックしていくだけで、どんどん知識が深まっていく、という構成になっています。
 
それと、この用語解説フレーム、実はそういう真面目な解説だけではなく「ちょっとした遊びゴコロ」の表現の場としても使っていたりします。
 
特に「魔法の操獣巫女エデン」ですが、Episode1後半のとある単語をクリックしてもらうと、小窓内に変身後のヒロインのコスチューム姿が表示されたり、クリックしなければただのギャグっぽい名前だと思われてしまいそうなネーミングに「実はこんな意味があったんだ!」というのが隠されていたり…。
 
…まぁ、クリックされなければ、あまり意味の無い機能ではありますし、手間もかかりますが(何せ解説を入れる単語の数だけ別個にWEBページを作成しないといけないので。)、これこそ「インターネット上で発表する小説」でしかできない独自形態、「小説の新たな進化形態」という気がするので、個人的にはとても気に入っています。

拍手[0回]

次のページ >>
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
ブログ記事一覧

(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」



DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。
参加ポータルサイト

人気ブログランキング
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。

電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]