忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
小説執筆中、「今書いてるコレって、ちゃんと面白いものになってるんだろうか?」などと、ふいに自分の実力や作品の出来に不安を感じて筆が止まるーーそんな経験をしたことのある方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
 
自分自身に対するネガティブ思考はモチベーション低下の大きな要因となります。
そして執筆中のモチベーション低下は、下手をするとスランプにもつながり、連載の続行や物語の完結を危うくする〝深刻な危機〟です。
 
自分自身の実力や自作品のクオリティーを疑問視すること自体は、スキルの向上や作品の改善にもつながりますので、悪いことではありません。
ただ〝それ〟をするタイミングが重要なのです。
 
小説に限らずあらゆる分野で言えることだと思いますが、ネガティブ思考に陥り、自分自身を卑下し、精神的に萎縮した状態では〝ベストなパフォーマンス〟は引き出せません。
むしろ自分に自信を持ち、気分的に〝ノリノリ〟な状態の方が良いものが書ける、という人の方が多いのではないでしょうか。
 
例えば面接やプレゼンテーションなどでも、自信に満ちた話し方か、自信の無さそうな話し方かによって、内容が同じでも受け手の印象が変わってくるように、思い切り良く勢いのある文章というものは、読者に〝より良い〟印象を与える可能性があります。
 
なので「執筆中には〝ポジティブ・シンキング〟でいることが大事」だと自分は思っているのです。
 
例えば、今の実力がド下手クソであろうと、読者様から酷評をもらって凹んでいようと、そんな諸々のネガティブなことは〝執筆中には〟一旦全て忘れる、もしくは脇に置いて見ないことにするのです。
そして「小説を書くのが好きだー!」という気持ちだとか「この小説で読者の皆をあっと言わせてやるんだー!」だとか、過去にいただいた好意的な評価だとか、そういうポジティブなモノたちで心を満たして、気分を〝アゲて〟いくのです。
 
あるいは〝いつかの未来で沢山の人々から賞賛されている自分の姿〟や〝ネットの海の向こう側で自分の作品を読んでくれている誰かの喜んでいる顔〟を想像するのも良いかも知れません。
実際にはそんなものは存在しないのかも分かりませんが〝想像するだけならタダ〟なのです。
自分の作品がボロクソに言われている未来を想像して頑張れる人というのはそうそういないでしょうし、例えそれが妄想と呼ばれるようなものだとしても、そんなお金もかからずにできるラクで楽しい頭脳労働だけでモチベーションがアップするとしたら、こんなにコスト・パフォーマンスの良いものはそうはないと思います。
 
もちろん、そんな〝妄想〟を執筆の終わった後もずっと引きずっていては〝ヘンな勘違いをした天狗〟になりかねませんので、執筆後は冷静になって、むしろネガティブなくらいの厳しい目で作品を見つめ直し〝推敲〟していくことも重要です。
 
大事なのは、必要に応じてポジとネガを切り替えていくことなのです。
 
とは言え、人間の心理というものは、そんな風にスイッチを切り替えるようにカンタンには切り替えられないかも知れません。
性格的にどうしてもネガティブなことを考えがちな人もいれば、言われなくても最初からポジティブなことしか考えていない人もいるでしょう。
 
ただ、そんな人でも「今は〝ポジティブ〟が必要な時だ!」などと意識するだけで何かが違ってくると思うのです。
‥ということで、もしもこの先、モチベーションが下がって小説が書けなくなってしまうことがあったなら、自分の心がネガティブなことで満たされてしまっていないか、見つめ直してみてはいかがでしょうか。
そしてもしそうであったなら、自分が小説を書き始めようとした時の最初の気持ちだとか、自作品や自分の作ったキャラクターたちへの愛だとか、様々な〝ポジティブ〟を思い出してみてはいかがでしょうか。
少しはモチベーションの回復に役立つかも知れません。


(今回、記事の内容が多少、自作品「夢の降る島(第1話「夢見の島の眠れる女神」)」の本編内容と被っていると言うか、ある意味、焼き直しのようになっています。「夢見の‥」を読了済で「あまり目新しい内容じゃなかった」とガッカリされてしまった方はスミマセン‥。)

拍手[0回]

PR
ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」の本文ページには左サイドに用語解説用の小窓(フレーム)がついています。
そしてその小窓には、古代用語やファンタジー用語、オリジナル設定の用語の他、一般の現代用語なども表示されるのです。
 
なぜ現代用語まで解説するのかと言うと、現代用語であっても一部の単語については、その意味や用法を誤解されているものがあるかも知れないと思うからなのです。
 
実際「この言葉の意味をこういう風に誤解している人が○○%いる」ということが時々ニュース等で取り上げられますし、管理人自身も学生時代は国語の模試などでたびたび「この単語の意味はこっちが正解だったのか!」という驚きを味わってきましたので、他人事とは思えません。
 
そんなわけで、現代用語にも一部、用語解説をつけることにしました。
既にその言葉の意味を正しく理解している方にとっては必要のない機能でしょうが、「知らなかった」という方には小説を読むついでに国語力もUPして一石二鳥なのではないかと…。
 
さらに言えばこの機能、学生時代に管理人が「こんなのがあったらいいのにな」と夢想していた機能でもあります。
 
小説を読んでいれば新しい言葉・知らなかった言葉に出会う機会は増えますが、特に辞書を引くわけでもなくそのまま読み流してしまえば、その言葉の(正確な)意味を知らないままどころか、下手をするとその言葉の意味を微妙に誤解して覚えてしまう可能性だってあるわけです。
かと言って、辞書を引くのは少々面倒くさいですし、引いたところで載っていないこともあります。
だから「今見つけたこの言葉の意味がワンタッチでパッと分かったらいいのにな…」などと夢のようなことを思っていたわけなのです。
 
まぁ、実際の用語解説の内容は管理人が書いていますので(各種資料は参考にしていますが文章は管理人です。プロフィール備考欄の通り国語の最高偏差値は80ですが、満点をとっての結果ではありませんし。)、これが実際に読者の皆様の学力・知識力UPにつながるかどうかは分からないのですが、一応「辞書よりも分かりやすく」を目標に頑張っていますので、ぜひとも活用いただきたいな、と思うのです。

拍手[0回]

小説の中でバトル・シーンやアクション・シーンを描くのは、結構大変なことです。
今の時代に生きているのであれば、少年マンガやアニメやドラマ、時代劇やハリウッド映画などなど、バトル・シーンやアクション・シーンの〝参考〟にできるメディアは山ほどあります。
しかしそれを〝文章〟で、しかもオリジナルで書くというのは、なかなかに難しいものなのです。
 
まず、マンガなら絵で、アニメやドラマであれば動画で表現できることを、文字だけで表現しなければならない、という難しさがあります。
しかもそれをカッコよく、かつテンポ良く〝魅せ〟なければ読者の皆様に退屈に思われてしまうかも知れません。
さらに理想を言うなら、そんなシーンの中には読者の皆様を「あっ」と言わせるサプライズ的な戦略・戦術があることが望ましいのです。
 
ですがそれには当然、テクニックが必要だったり、作者自身が知恵を絞りまくらなければならないのです。
 
自分の場合、その「知恵」として現実世界の物理法則や古の哲学的思想を利用させてもらうことが多いです。
自分に知恵が足りないなら、知識から補おう、ということです。
 
たとえば「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の中のバトル・シーンでは雷のメカニズムを参考にしたり、陰陽五行思想の『土剋水(どこくすい)』の考え方を参考にしたり…という風に使っています。
 
現実の法則や思想を参考にすることにより、ストーリー展開にも「それなりのリアリティ」が加わる気がして個人的にはとても好きな方法なのですが、実際のところ読者様にどう思われているのかは「バトル・シーンのココがこうだから良かった」もしくは「悪かった」などシーンひとつひとつについての細かい感想をくださる方がいないので、よく分からなかったりします。
 
あとは、そのシーンを頭の中でビジュアルとして想像した際に〝映える〟ことを目指して書いています。
ただ火の弾がバシュン!と飛んでいくだけではなく、「いくつもの流星のように」飛んでいくだとか、「舞を舞うように」剣を振るうといった具合に、比喩を利用して一つの動作の上に別のイメージを重ね、想像の〝幅〟を広げていくのです。
それから当たり前と言われれば当たり前なことのですが、物語ごとにバトル・シーン、アクション・シーンの雰囲気を変えています。
 
古代日本風世界を舞台にしたシリアスな和風ファンタジー小説である「花咲く夜に君の名を呼ぶ」では、火や風や水、花びらや雨などの自然物を使いつつ、日本神話の要素を取り入れ、古代の霊異のような雰囲気を出す工夫をしていますし、既存ファンタジーへのオマージュをふんだんに取り入れたコミカルな児童文学的ファンタジー小説である「夢見の島の眠れる女神(「夢の降る島」第1話)」では、「魔弾の射手」の魔弾や伝説のアーチャー「那須与一」や「ウィリアム・テル」、「インドラの矢(←作中では不発に終わりますが‥‥。)」など、神話や伝説、古典ファンタジーのアイテムや人物などをバトルに利用しています。
また、魔法少女風のラブコメ・ファンタジー小説である「魔法の操獣巫女エデン」では、よりコミカルで、魔法少女らしくガーリーな雰囲気を目指し、バトル・シーンでも、おもち的なものや果物が飛び交います。
 
そんな風にバトルやアクションでも、その物語〝らしさ〟が出るように、そのバトル・シーンやアクション・シーンを通して、より物語に魅力を感じてもらえるように工夫しています。
 
バトルやアクションの回数が増えれば増えるほど、バリエーションがなくなり、キツくなって来たりもしますが、そこは普段から参考になるようなアクション・シーンやバトル・シーンを見て勉強するなどして、自分の表現の幅を広げていくしかないのかな、と思っています。

拍手[0回]

世界観や状況の説明、キャラクターの背景や特殊能力の説明等々‥‥物語を書き進めていくには、何かと〝説明〟というものが必要になってきます。
説明が足りなければ、読者は小説の中で何が起こっているのか・どんな状況なのか分からず〝おいてけぼり状態〟になってしまいますし、逆に説明が過剰だと、「説明ばっかり多くて読むのが面倒くさい」となりかねません。

〝ちょうどいい〟説明の量というのは、読者の方の知識量や理解力によっても変わってきますし、プロの作家の方でも悩ましく思うような難しい問題なのではないかと思います。

今回はそんな〝過不足のない説明量〟を目指す上で、個人的にポイントだと思っている点をいくつか書き出していきたいと思います。

まず最初のポイントは(初歩であり基本ではありますが)「うっかり説明をはしょらないように気をつける」ということです。

作者は大概の場合、その小説の世界観・キャラクター等あらゆるオリジナル要素の〝設定者〟でもあるわけですから、説明されるまでもなく初めから全てを理解しています。
しかし、〝そこ〟が間違いを犯しやすいポイントなのです。

読者の方は、その物語の設定を何も知らない〝白紙状態〟で小説を読み始めます。
作者であれば当然知っている〝主人公が置かれた状況〟や〝舞台となる国や世界がどんな特徴を持っているのか〟〝どんな生物が住んでいて〟〝どんな問題が発生しているのか〟等々の情報を一切持たない状態からスタートするわけです。

作者も、物語の冒頭の辺りであれば「さぁ!これから小説を書くぞー!」とモチベーションも意識も高い状態なので、説明もしっかり気を配って書いていくことでしょう。
しかし途中、慣れたりダレたりしてきた時、うっかり〝しておかなくてはいけない説明〟を忘れたまま進んでしまうと、後で読者が「え?このキャラって、こんな能力持ってたっけ?」だとか「‥‥って言うか、コレ誰?」だとか「このキャラ、何で(主人公と読者(と作者)しか知らないはずの)この事実を知ってるんだ!?」などとプチ・パニックを起こしかねません。

それと、説明には「説明するのにちょうどいいタイミング」というものがあったりするものなので、そこを逃さず忘れずきちんと説明しておく、というのも重要です。
説明を忘れていたことに後で気づいて入れようとしても、それが説明したい事柄と何の関係もないシーンだったりすると、〝唐突感〟が否めません。

第2のポイントは「自分の知っている知識は読者も知っている、という前提で書かない」ということです。

たとえばファンタジー小説だったり時代小説だったり特殊な舞台を持つ物語では、小説の中に様々な知識や特殊用語が登場します。

そんな知識や特殊用語について「このくらいのことは皆知ってるだろうから、わざわざ説明しなくてもいいだろう」と安易に判断してしまうのは、読者層を狭めてしまう危険があります。

読者の知らない単語について何の説明もないまま話がどんどん進んでしまうと(しかも、そんな意味の分からない単語が次から次へと増えていってしまうと)、読者の頭の中は〝?マーク〟だらけになってしまいます。
中には途中でギブアップして読むのをやめてしまう方も出てくることでしょう。

とは言え、先ほども書きましたが、読者の持つ知識量は人それぞれです。
義務教育で習うレベルの知識でも(忘れてしまっていたり、苦手教科だったために覚えられなかったり、あるいはそもそも年齢的にまだ習っていなかったりで)説明しなければ分かってもらえない方もいれば、その一方で、単語を出しただけでその意味から歴史的背景まですぐに思い出してくれる方もいることでしょう。

知識の少ない方にとっては「説明が足りない」と思うようなことでも、知識を既に充分過ぎるほど持った方には「こんな説明わざわざ要らないのに。この作者、読者をナメてないか?それともコレ、もっと低年齢向けなのか?」などと受け止められてしまう可能性はあります。
しかも多くの場合、読者の方は自分自身の知識レベルだけを基準に物事を判断するので、同じ物語を読む〝自分とは知識量の違う他人〟のことなど頭には浮かばないのです。
( ↑ 個人的見解ですが、Amazonのレビューなど読んでいると、こういう風に思えてならない時がよくあります。) 

そんな千差万別の知識の違いに完璧に対応した「誰にとっても過不足のないベストな説明」というのは、現実的に不可能です。
しかし理想としては「その分野の知識を持っていない読者層も新たに取り込めて、なおかつ既に知識を持っている読者も飽きさせない」どちらにとってもベターな説明量というものを追求していきたいな、と思うのです。

第3のポイントは「言葉にしないと伝わらないことは、ちゃんと言葉にしなくてはいけない」ということです。

これは特に、キャラクターの心理描写などで言えることかと思います。

キャラクターの頭の中を常に覗き見できるも同然の作者とは違い、読者にとって、キャラの頭の中を想像する材料は、小説の中の文章だけです。
それゆえ〝セリフ〟や〝モノローグ〟や〝動作〟などで〝表現(←文字通り、表に現すことで表すこと)〟をしないと、読者にキャラの考えや想いは伝わりません。
しかし、作者は誰に説明されるまでもなくキャラクターの心情を把握しているため、うっかり描写を怠ってしまったり、描写が足りなくて説明不足になってしまう可能性があります。

そうすると、読者がキャラクターの言動を理解できなかったり、共感や感情移入ができないという事態が発生してくるわけです。

とは言え、あまりにも何から何まで全て説明してしまっては、かえって〝興醒め〟になりかねませんし、言外に、あるいは行間に託して登場人物の心情を描くことや、あえて明瞭な描き方をせず、読者に〝想像の余地を残す〟というのは小説の書き方としてよくあることです。

つまりはここでも、十人十色な読者の読解力と、作者が〝どれだけ〟心情について描写を割くかの「せめぎ合い」ということになってしまうかと思います。

まぁ、総じて言えば「作者と読者とでは作品に関する情報量も、作品のベースとなる知識の量も、キャラクターの心情把握能力も違うのだから、そこを意識して書こう」ということになるかと思います。

ただ、あまりにも「説明が足らなくならないようにー!もっと書かなきゃー!」となると説明が過剰になる上、小説自体のボリュームも大変なことになってしまうので、そこは〝簡潔〟でスッキリした〝ちょうどいい〟説明を目指さないとダメなんだろうな、と思います。

正直、〝過不足なく〟〝ちょうどいい〟というのは、コレといった答えがなく、常に追い求めていかなければいけないタイプのものですので、「文章力を高める!」とか「知識を増やす!」とか「キャラクターの魅力をアップさせる!」のような単純に高みを目指していけば良いものよりよほど難しいのですが‥‥。

拍手[0回]

短編・中編はともかくとして、ある程度の長さを持った物語を「完結」まで持っていくというのは、とても大変なことです。


時間や手間、技術が必要なのはもちろんのことですが、一番のカギとなるのは、そこまでの“モチベーション(やる気)を保つこと”だと、個人的には思っています。


物語というものは自分の好きなシーンや得意なシーンだけで構成されているわけではありません。


完結に至るまでには、苦手なシーンだったり、書くのが面倒くさかったり辛かったりするシーンを乗り越えなければいけない場合も多々あります。


それに、ストーリーを書き進めていくにあたり、知識が足りないことに気がついたり、技術的に書くのが難しかったりと、"壁にぶち当たる"こともあります。


中にはそこで「これ以上書けない」「筆が進まない」と書くのを止めてしまう人もいるでしょう。


つまり、物語を完結させるためには、そういった諸々の“ピンチ”を乗り越えていけるだけの精神力、そしてその精神力の元となる“モチベーション”が必要になるわけです。


どうやったらモチベーションが上がるのか、というのは人それぞれ違っていると思います。


以前読んだとある作家さんのインタビューでは、「まずは自分の作品をよく褒めてくれる友人に読んでもらって、モチベーションを上げていた」というようなことが載っていました(←かなり以前読んだ記事なのでうろ覚えですが…)。


自分の場合は、ストーリーの要所要所に自分の「これは書いておきたい!」というシーンを配置しておいて(しかも結構“密”な間隔で配置したりして)、「とにかくそのシーンまでは頑張ろう!」と、目先の目標を決めてコツコツ物語を進めていく、という方法をとっています。


実際にネット・デビュー作2作品の「花咲く夜に君の名を呼ぶ」と「夢見の島の眠れる女神」もそんな風に書きたいシーンを散りばめ、さらには作品のクライマックスおよびエピローグがその物語の中でも一番の山場というか“一番書きたいシーン”になっていた、ということがモチベーションの源になっていました。


それともう一つ、スケジュール帳(の月間スケジュールのページ)に「その日、自分がやった作業分のシールを貼る」ことで自分のやった作業を“見える化”するということもやっています。


(小学生がラジオ体操に行った分だけスタンプをもらうとか、勉強の“ごほうび”にシールを貼っていってもらう、というのと、たぶん感覚的には一緒かと思います。)


「この作品にはこのシール」という風に、作品や作業の内容別にシールの種類を変えて貼っていくのですが、カレンダーがシールで埋められていくのを見ると、そこはかとない満足感がありますし、「この作品はしばらく更新してないなぁ。次はこの作品を進めようか」といった具合に作業計画を立てる上でも役立ちます。


とにかくそんな風に、自分なりのモチベUP方法を見つけておいて、物語が完結できるように自己のメンタルをマネジメントしていく、ということも、小説執筆の上では大事なのではないかと常々思っているのです。


…まぁ、あらかじめ決まったラスト・シーンというものがない、続けようと思えばどこまでも続けられるようなタイプのシリーズ物小説などは、このパターンに当てはまらない気はしますが…。

拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
ブログ記事一覧

(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」



DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。
参加ポータルサイト

人気ブログランキング
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。

電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]