忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

津籠も利用させていただいている、無料で電子書籍を制作できるサイト「パブー」さん(←ブログ右サイドの電子書籍紹介の下部にある「ハリネズミ」のロゴをクリックしていただくと、パブーさんに飛べます。)は、制作した本をWEB上で閲覧できる「ウェブログ」機能の他、ダウンロードしてPCや端末でも読むことができます。


ただダウンロードする際、ファイル形式がいくつもあって複雑だと思いますので、今回はそのあたりを解説していこうと思います。


(とは言え、管理人も全ての電子書籍リーダーを所有しているわけではなく、利用したことのないものもいろいろとありますので、実体験に基づかない、ネット上の知識だけのものもあります。その辺りはご了承ください…。)


現在「パブー」さんで制作できる電子書籍のファイル形式は「ePub(EPUB)」「PDF」「Mobi」の3種類です。


(Mobiファイルについては、一度「Mobiファイルを作成する」をクリックしてからでないとダウンロードできません。)


この3つのファイル形式には、それぞれ以下のような特徴があります。


ePub(EPUB)
「iBooks」などで読めるファイル形式です。

「iBooks」はiPadに最初から入っているアプリです。

iPhoneでもiBooksを入れれば、この形式の電子書籍を読むことができるそうです。

「パブー」さんの掲載作品をダウンロードして読むためには、iPad等のブラウザ(Safariなど)で作品をダウンロードした後、端末上部に表示される「“iBooks”で読む」を選ぶと、iBooksの本棚にダウンロードした作品の表紙が表示され、読めるようになります。

(「“iBooks”で読む」の表示が出て来ない時は、端末画面の上の方をつつくと出て来ます。)
PDF
PCやiPad、Kindleなど様々な端末で読める、汎用性の高いファイル形式です。

パソコンならAdobe Readerなどのソフトが入っていれば読むことができますし、iPadの「iBooks」でも読むことができます。

「パブー」さんからダウンロードして読むためには、Adobe Readerがインストールされたパソコンなら、ダウンロードしたファイルをクリックすればそのまま読めますし、iPadの場合は上記「ePub」と同様、ダウンロード後に端末上部に表示される「“iBooks”で読む」を選択すると読めるようになります。

ちなみにePub形式とPDF形式では、同じ作品であっても「iBooks」での表示のされ方(ページ移動の仕方や、表示など)が微妙に異なります。
Mobi
主にKindle(Amazonさんが販売している電子書籍端末)で読めるファイル形式です。

Kindle端末だけでなく、Kindleアプリ(無料)をインストールしたiPadなどでも読めます。

パブーさんのMobiファイル作品をiPadで読む場合には、あらかじめKindleアプリをインストールした後、パブーさんにてMobiファイルをダウンロード→端末画面に表示される「“Kindle”で読む」を選んでください。

(管理人がKindle端末を所持していないため、Kindle端末でのやり方については分かりません。すみません。)

ちなみにKindleでの「標準」の電子書籍ファイル形式は「AZW」ですが、これはMobiファイルにDRM(著作権保護)を採用したもののことです。

ちなみにパブーさんで電子書籍を制作する際、パブーさんのサイト上での閲覧する場合や自分のPCにPDFファイルをダウンロードして動作確認をしたりする際には何も問題がなくても、iPadでダウンロードして見てみると、ナゾの空白ページが間にはさまっていたり、ページタイトルだけが別ページになっている、などの不具合が発生する…といったことが、自分の実体験では起きています。


(その不具合を修正する方法は、自分には今のところ見つけられていません。)


ちなみに自分で作った電子書籍を自分でiPadにダウンロードして読んでみた場合の個人的な感想を言うと、上記3つのファイル形式のうちでは、PDFが一番不具合が少ないかなぁという印象です。


(でも「魔法の操獣巫女エデン」に関して言うと、MobiファイルをダウンロードしてKindleアプリで読んだものが一番不具合が少なかったです。)

拍手[0回]

PR

念のため一応説明しておくと、電子書籍とは、タブレット端末やスマホやパソコンなどで読めるデジタルな本のことを言います。


一口に「電子書籍」と言っても、PDFePubMobiなどの様々なファイル形式が存在し、各ファイル形式により読み込めるアプリやソフトが異なります。


…で、そんな「電子書籍」を自分のオリジナルとして制作する方法ですが、これもまた様々な方法があります。


まず1つ目は電子書籍を作成できるソフトやアプリを利用して自分で作る方法。


自分はまだ利用したことがありませんが、パソコンで作る場合には、WindowsとMacどちらでも使える「Sigil」という無料のソフトが有名なようです。


iPadなどのタブレット端末でも、「PDF作成」などで検索すれば電子書籍を作れるアプリがいくつか見つかります。(一部課金アリや有料のものもありますので、そのあたりはしっかり自己責任でご確認ください。)


そして2つ目が、「パブー」さんなどのWEBサービスを利用して電子書籍を制作する方法です。


これはブログを書くのと同じような感覚でカンタンに電子書籍が作成できますので、初心者の方にもオススメの方法ですし、自分も既に利用しています。


やり方としては、まずはパブーさんのサイト(←ブログ右サイドの電子書籍紹介の下部にある「ハリネズミ」のロゴをクリックしていただくと、パブーさんのサイトに飛べます。)にて登録をし、本のタイトルやジャンル、有料か無料か等を決め、表紙や本文を制作していきます。


本文はブログと似たような感じで文章を打ち込んでいき、文字サイズを変更したり、リンクや画像を挿入したり、文字色や文字太さの変更もできます。


また、一度に最後まで作りきれなくても、下書き状態で保存したり、非公開状態で保存しておくことができますので、自分のペースでゆっくり制作することができます。


ちなみに表紙は予め用意しておかなくても、パブーさんにて何種類かデザインを選ぶことができ、タイトルと作者名を入れるだけでカンタンに作ることができます。


ただ利用者数が多く、一日に登録される電子書籍も膨大な数に上るパブーさんですので、表紙を作るスキルを持っているのであれば、自分のオリジナルの表紙画像で少しでも他の電子書籍より「目立てる」ように工夫した方が、読者様を獲得しやすいかも知れません。


(ちなみに表紙画像のサイズは登録後の電子書籍制作画面にて確認できます。)

拍手[0回]

高校時代の宿題に、新聞のコラム(新聞の一面に載っている、天声人語とか余禄とか編集手帳とかいう名前のついた小さいコーナー。)を切り抜いてノートに貼り、要約と感想を書く、というものがありました。

毎日やるのはしんどくて、サボッたりもしてしまい、そのせいで後々数週間分まとめてやるハメになるなど、正直、当時はかなり嫌々やっていました。

でも今になって思うと、当時のその宿題が、現在の自分の文章力の基礎を作ってくれたように思えるのです。

コラム(特に一面に載っているもの)は、新聞社の中でも特に文章の上手い記者さんが担当する、と聞いていますし、実際未だに時々切り抜いてしまうくらい、名文が多いのです。

しかもコラムの中には歴史、文化、世界、社会情勢等々に関する雑学知識が含まれていることが多々あり、そういう意味でもとても勉強になります。

そんなコラムを「要約」することで、文章の「核心部分」はどこなのかを探る技術が身につき、同時にその核心に至るまでにどんな「前振り」があり、どんな風に文章を結ぶのか、といった文章の「構成」を学べるわけです。

その構成は時にとてもアクロバティックで、ミノタウロスの伝説(アリアドネの糸)から始まって、ギリシャ危機に触れ、EU政策の見直しの論議へと繋がり、そして最後は再びアリアドネの糸に戻って終わるなど、一見繋がりのないような事柄(ギリシャ神話と現代の世界情勢)同士が結びつき、複雑に相互作用し合って、ひとつのコラムを成していたりするのです。

こうした「複数の異なる要素を組み合わせて一つの文章のまとまりを作る」という技術は、当然、小説にも応用できます。

小説でも他の文章でも、自分の一番伝えたいこと、一番〝魅せたい〟部分を読み手に受け入れてもらうためには、ただダラダラと何の工夫も考えもなく文章を紡ぐのでは、たぶんダメです。

〝一番〟の部分が他の文章に埋もれてしまわぬよう、メリハリを工夫したり、理解してもらいやすいよう、その前段階で補足するような知識を仕込んでおいたり、話が本筋から逸れていかないよう、〝脇道〟となる文章やエピソードを大胆にカットしてみたり‥‥。

そうやって何を残し、何を削るのか、どんな順番や流れでストーリーを進めていくのかを考える時、コラムで培ったスキルが、自然と役に立っているように思うのです。

とは言え、毎日やるには少しばかりしんどいコラム要約&感想。
初心者の方はまず、ざっと読んでビビッと来たコラムを切り抜いてスクラップブックにして、後で何度か読み返す、ということから始めてみれば良いのではないかと思います。

ちなみに高校時代、国語の授業は古文だけでしたので、現代文の勉強と言えば、このコラムの宿題と、趣味の読書&創作活動(ノートに書いた小説を限られた友人に見せるだけ)&時々書く日記くらいなものでしたが(塾には行っていない。)、プロフィールの備考欄にもある通り、全国模試で最高偏差値80が獲れる程度には国語力が身についていました。

拍手[0回]

別ブログの「サイト更新情報」で書いた記事の再録になりますが、自分の場合、ホームページWEBデザインで、素材と素材の“組み合わせ方”に気を遣い、いつも苦労しています。

たとえば「言ノ葉ノ森」のTOPページの場合、ページ全体の背景壁紙が1つあり(2017年3月現在の春バージョンで言うと、薄いグリーンに淡い白ストライプがあり、お花とクローバーが散りばめられている物です)、その上に「Original Novel(オリジナル小説)」という各小説のタイトルと内容を簡単に紹介する枠があり、その部分は背景壁紙を変えている(今回の春バージョンだとごくごく淡いクリーム色(と言うよりほぼ白)に花束模様が、うっすら盛り上がって見えるような感じで描かれている物です)のですが、この「全体背景」と「オリジナル小説コーナーの背景」との組み合わせが毎度けっこう難しく、苦労していたりします。

だいたいいつも「オリジナル小説コーナーの背景」は淡い色で、模様もうっすら、コントラストがはっきりしない感じのものにしていますが、それはこの部分の背景の主張が強いと、その下にある全体の背景から浮いてしまって、ページ全体のバランスが悪くなるからです。

同様に、色と色との組み合わせにも気を遣います。

しかもこれは背景と背景の組み合わせのみならず、背景と文字色の組み合わせや、背景とロゴなどの文字素材やアイコン・ボタンなどの色の組み合わせにも言えることなのです。

色と色とのバランスが悪く、浮いてしまったり、ゴチャゴチャした感じになってしまったりするのはもちろん、場合によっては文字やアイコンなどが背景の中に埋もれてしまってひどく読みづらくなってしまったり、見づらくなってしまったりするのです。

そんなわけで、毎回何パターンも背景を作り、組み合わせを変えてはプレビュー画面で確認し、バランスの良い「ベストな組み合わせ」を選んでいるのです。

(とは言え、素人センスですので皆様の目から見て実際にバランスが良いものになっているかどうかは分からないのですが…。)

時にはその「組み合わせ選別」の過程で、「単品で選ぶならこっちの方が好きなんだけどなー」という素材を捨てざるをえない時もあるのですが、そこは「見やすさ・バランス重視」でスッパリと取捨選択しています。

拍手[0回]

自分の言った言葉や書いた文章を相手に「誤解」されたという経験、世の中のほとんどの人間が、少なくとも一回や二回は経験しているのではないでしょうか。

たとえば「アレ」だとか「ソレ」だとかいった、何を指すのか曖昧な言葉を、自分が言いたかったモノとは違う別のモノに思われてしまっただとか…

あるいは、同じ単語でも複数の意味を持つ言葉を、自分が言いたかったのとは別の意味にとられてしまっただとか…

またあるいは、前提となる知識や想いがまるで違っているために、「理解」してもらうことができなかっただとか…

人間それぞれ、育ってきた環境も違えば、持っている知識の量や種類も違っているわけで、そんな十人十色に違った「心の目」を通して世界を見ているわけですから、同じ文章を読んだり、同じものを見ていたからと言って、そこから読み取るもの・感じるものが同じだとは限りません

しかし、そのことに気づかず、「自分がコレを見てこう思ったのだから、他の人間もきっと同じように思うはずだ」とか「何で同じものを見ているのに、こんなに意見が違うんだ!?アイツ、頭がおかしいんじゃないのか!?」などと思ってしまう人間が多々いたりするのもまた、事実です。

自分は「万人に通じる言葉など無い」と常日頃から思っていますし、だからこそ「誤解を生まない」「誰にでも分かりやすい」ことを目標・理想とし、日々文章を紡いでいます。

(実際にそれが実現できているかどうかは別として…。)

どれほど小難しい単語を操れようと、どれほどオシャレな文章を綴れようと、それが読み手の心に真っ直ぐ届かず、歪んだり・ねじれ曲がったりして本来とは違う形で受け止められてしまうなら、それは自分の望むところではありません。

だから、「綺麗な文章」だとか「洗練された文章」だとかいったものは、正直、自分の中ではいつでも「二の次」になってしまっていたりします。

言葉は、自分が思っているほど、そして望んでいるほどには、相手に伝わりません。

「強い想いが籠もっていれば、きっと誰かの心に届く」というのは理想論だと思っています。

自分の想いを相手に「真っ直ぐ」伝えるためには「技術」や「知恵」や「工夫」が必要なのです。

たとえば「言葉が曲解されるメカニズム」や「誤解の生まれるメカニズム」を知り、それを避けること。

たとえば「前提条件の違いによって生まれる心象の差」をなくすため、前段階で相手に予備知識を覚えておいてもらうなどして、そもそもの「前提条件を整える」努力をすること。

曖昧で誤解を招きやすい言葉を使わず、直接的な言葉にすること。

メイン・テーマが他の要素に埋もれて見えなくならないよう、メリハリをつけること。

言葉の区切りや文章の流れ・順番に気を配り、相手が段階を踏んで理解していけるよう工夫すること。

必要な説明を省いていないか、初心者の相手にも分かりやすい言葉になっているか、よくよくチェックすること…などなど。

きっと、以上のことを万全にやることができたとしても、それでも「伝わらない」相手はいるのでしょうが…、それでも、一人でも多くの人間に伝わるように、自分にできる限りの努力をしていきたいのです。

そして願わくは、いつか人間の「心の壁」すら突き抜けて、相手の心に真っ直ぐ刺さるような文章が書けたらいいな、と思っています。

そしてそれが、自分の想いを自分勝手に押しつけるようなモノではなく、相手の心に「優しい」影響力を及ぼすようなモノであればいいな、と願っているのです。

拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
ブログ記事一覧

(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」



DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。
参加ポータルサイト

人気ブログランキング
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。

電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]