忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

学生の頃に読んでいたマンガ雑誌の新人賞の選評に、そのマンガを「セリフ」「キャラクター」「ストーリー」などの要素ごとに点数をつけて評価した表みたいなものがよく載っていました。
 
それをぼんやりと眺めながら「マンガってこんなにいろいろな要素で出来てるんだなー」「1つの要素だけがずば抜けて良くても、他の要素で点が取れないと入賞できないんだなー」などと思ったりしたものでした。
 
でもそれは、きっと小説にも言えることなんですよね。
 
小説の良し悪しとざっくり言ってしまえばそれまでですが、「キャラクターは良いけどストーリーはイマイチ」とか「面白い気がするけど説明が下手過ぎて世界観がよく分からない」とか「文章は上手いけど全体的にオリジナリティに欠ける」などなど、要素要素の得意・不得意によりその“良し悪し”にも様々なパターンが存在すると思うのです。
 
(そして、どの要素が好きかという選者・読者の好みにより評価が分かれているという気がしないでもなかったり…。)
 
そんなわけで、小説を書く時、そこにはどんな構成要素が存在しているのか、ぼんやりと考えてみました。

自分の思いつく限りで列挙していますので、たぶんこれが全てというわけではありませんが、参考までに…。

  • 構成力
  • 文章力
  • ストーリー
  • セリフ回し
  • キャラクターの魅力
  • 世界観・設定
  • オリジナリティ
  • リサーチ力(時代考証など資料調べの力)
  • サプライズ・どんでん返し(←構成力に含まれるかも知れませんが…)

さらに上記の中でもさらに細かく要素や種類が分かれているのではないかと思います。

たとえば、キャラクターについてだけでも、個々のキャラクターそれぞれの魅力と、キャラクター同士の関係性によって出てくる魅力があったり、ストーリーついても、ミステリー的なストーリー作りが上手い人、恋愛モノのストーリー作りが上手い人、あるいはバトル・アクションのストーリーが上手い人など、十人十色・千差万別に得意なモノ・不得意なモノは違っていると思うのです。
 
理想を言えば、全ての要素において満点を叩き出せれば言うことナシなのでしょうが、そんな完璧な物書きなんて、そうそういないような気がします。
 
なので、とりあえずは自分の得意分野を自覚してそれをウリにしつつ、不得意分野を克服して総合力を上げていくことなのかなぁ…と思っています。

拍手[0回]

PR

ストーリーテリングには「起承転結」が大事だというのは昔から言われていることですが、「起」「転」「結」はともかく「承」って何だ?というのが、長らくの間、疑問でした。

「起」から「転」までの間の単なる「つなぎ」なのか、だとすればこの「承」では何を目標に、どんな風にストーリーを描いていけば良いのか…と。

たとえば「起」ならば「読者のハートをキャッチする魅力的な導入部」、「転」ならば「読者をアッと言わせる予想外のサプライズ」など目標が見つけやすいのですが、「承」は果たして何をすれば良いのかが分からなかったのです。

しかも「起」がプロローグ、「結」がエピローグ、「転」がクライマックスのどんでん返しと考えると、ストーリー全体の中で最もボリュームを占めているのは、どう考えても「承」なのです。

今もその答えを完全に見つけているとは言い難いのですが、これまでに何作かの小説を書いてきて気づいたことがあります。

それは「承」は「転」へ至るための「伏線」をはりめぐらせる部分なのだということ。

あるいは「承」は「起」では語りきれなかった“物語の世界観”を読者に伝えていくための部分なのだということです。

実際、自作「花咲く夜に君の名を呼ぶ」などは、ほとんど伏線だけで一つの章ができあがっているという章が存在します。

(第二章 神の生まれ出づる杜 は、実は、ほぼ伏線をはるためだけに存在する章なのです。
しかも、その伏線が1つの「転」にかかっているわけではなく、複数の「転」へとつながっていくようになっているのです。)
 
たぶん「承」でいかに伏線を上手くはりめぐらせて「転」へつなげるかが物語の肝となるのかな?と個人的に思うようになった今日この頃なのでした…。

拍手[0回]

インターネット上で発表する小説の呼び名、とりあえずこのブログのタイトルでは「ネット小説」と書いていますが、実はいろいろな名前が存在するのです。

たとえば
  ↓

  • オンライン小説(ONLINE小説)
  • オンライン・ノベル(オンノベ、ONLINE NOVEL)
  • ネット小説
  • ネット・ノベル
  • WEB小説(Web小説)
  • ウェブ・ノベル(WEB NOVEL)

などです。

小説投稿サイトさんを探すにしても、小説サイトの登録・検索サイトさんを探すにしても、どの名前で検索する(ググる)かによってビミョウに出てくるサイトさんが違う場合があったり(あるいはサイトさんの並び順が変わることがあったり)するので、「好みのサイトが見つからない~!」という方は、今まで検索していたのとは違う呼び名を使って検索してみてはいかがでしょうか。

拍手[0回]

このブログのタイトルを「カスタマイズ系小説サイトの作り方。」から「ネット小説の作り方。」に変更しました。

前回の記事をアップロードした際に「……アレェ?小説サイトの作り方に留まらず、ネット小説全般の作り方を語るブログになってきた気がするぞ……。何かタイトルと合わないぞ」と自分で思ったので。

まだ読者様もそれほどいない状態ですし、元々「まずはブログの“形”を作りたいぞ!……でも登録するにはタイトルを決めなきゃかぁ……」と適当につけたタイトルなので、早いうちに変えておこうと思い、実行しました。

…ということで、「小説サイト」に限らず、様々な形態の「ネット小説オンライン小説WEB小説)」に対応したブログにしていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

拍手[0回]

ネット上に小説を発表する方法(オンライン小説の作り方)はいくつかあります。
管理人の知るものでは大雑把に分けて以下の3つです。

(ちなみに上から管理人がカンタンだと思う順に載せています。)

  1. 小説投稿サイトに小説を投稿する
  2. 電子書籍を作ってWEB上に公開する
  3. 自分でサイトやブログを作って小説を載せる
  • 1.の「小説サイトに小説を投稿する」は、自分の作品を「投稿」できるサイトさんが複数存在していますので、そこに作品を投稿するだけでインターネット上に小説を公開することができます。サイトさんによって読者層やレーティング(性描写や暴力表現に対するR15やR18などの年齢制限)についてや、オリジナル限定か二次創作可か、などの規約が異なってきますので、まずは自分の作品に合ったサイトさんを見つけて、それができれば、あとは規約に沿って登録して、作品を書いていくだけの比較的簡単な方法です。
    管理人はまだこの方法をとったことがないので、まだあまり詳しくはありませんが、もし今後利用することがあるなら体験談を載せていきたいと思います。
      
  • 2.の「電子書籍を作ってWEB上に公開する」の“電子書籍の作り方”にも複数の方法があるのですが、管理人は一番カンタンと思われる「電子書籍制作サービスサイトで作る」という方法をとっています。
    (実際にそうやって作った電子書籍をこのブログの右サイド下部に載せています。)
    詳細については後日また記事にするつもりです。
      
  • 3.の「自分でサイトやブログを作って小説を載せる」はWEB制作の知識がある程度必要になってくるので上記3つの中では一番難しい方法です。
    (ちなみにWEB制作スキルの面で考えれば、ブログの方がサイトよりカンタンかと思われます。ただしブログ形式では登録を受け付けてくれない小説検索サイトさんなどもいますので注意が必要です。)
    ただしこの方法には、WEBデザインを小説の「演出」に使ったり(小説の内容に合わせたデザインにしたり、本文と連動して途中からデザインが変わるようにしたり)、独自の機能を付加したりできるなど、他ではできないような「個性」を出せるという強みがあります。
    この方法についてもそのうちに詳細を書いていきたいと思います。

拍手[0回]

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
ブログ記事一覧

(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」



DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。
参加ポータルサイト

人気ブログランキング
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。

電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]