忍者ブログ
管理人がどうやってオンライン小説サイトを作っていったのか、その実体験によるノウハウや悪戦苦闘の日々をつづるWEB小説制作日記ブログです。 ちょっと変わった独自システム付きのネット小説サイトを運営しています。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

ストーリーテリングには「起承転結」が大事だというのは昔から言われていることですが、「起」「転」「結」はともかく「承」って何だ?というのが、長らくの間、疑問でした。

「起」から「転」までの間の単なる「つなぎ」なのか、だとすればこの「承」では何を目標に、どんな風にストーリーを描いていけば良いのか…と。

たとえば「起」ならば「読者のハートをキャッチする魅力的な導入部」、「転」ならば「読者をアッと言わせる予想外のサプライズ」など目標が見つけやすいのですが、「承」は果たして何をすれば良いのかが分からなかったのです。

しかも「起」がプロローグ、「結」がエピローグ、「転」がクライマックスのどんでん返しと考えると、ストーリー全体の中で最もボリュームを占めているのは、どう考えても「承」なのです。

今もその答えを完全に見つけているとは言い難いのですが、これまでに何作かの小説を書いてきて気づいたことがあります。

それは「承」は「転」へ至るための「伏線」をはりめぐらせる部分なのだということ。

あるいは「承」は「起」では語りきれなかった“物語の世界観”を読者に伝えていくための部分なのだということです。

実際、自作「花咲く夜に君の名を呼ぶ」などは、ほとんど伏線だけで一つの章ができあがっているという章が存在します。

(第二章 神の生まれ出づる杜 は、実は、ほぼ伏線をはるためだけに存在する章なのです。
しかも、その伏線が1つの「転」にかかっているわけではなく、複数の「転」へとつながっていくようになっているのです。)
 
たぶん「承」でいかに伏線を上手くはりめぐらせて「転」へつなげるかが物語の肝となるのかな?と個人的に思うようになった今日この頃なのでした…。

拍手[0回]

PR
ブログ内検索
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったり、コメントくださって返事がなくても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

ブログもくじ
 ↑
(サイトと連動して作ったこのブログのもくじです。手動更新のため、最新記事などは入っていない可能性が高いです。)
WEBサイト及びオリジナル小説
カスタマイズ系ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」TOPページ


和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」

 
「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)
管理人プロフィール
HN(ハンドル・ネーム):
津籠睦月(つごもりむつき)
職業:
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
趣味:
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
好きな小説ジャンル:
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
備考:
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。

オリジナルのWEB小説サイトを運営しています。
猫好きです。
HPにも小説内にも気づけばあちこちに猫が…。
オリジナル電子書籍「夢見の島の眠れる女神」


DL無料のオリジナル電子書籍(児童文学風ファンタジー小説)です。普通の電子書籍小説とはちょっと違う独自スタイルの電子書籍小説です。 少しずつ制作中です。
参加ポータルサイト
参加しているポータルサイト(ランキング)です。
相互RSS
猫写真集~疲れた時は猫に限る。
電子書籍無料制作サイト「パブー」さんにて制作した我が家のニャンコの写真集です。 DL無料ですのでぜひご覧ください。
もふもふペルシャ猫写真集
アニマル・エッセイ&フォト「ペットはいつでも突然に」
アクセス・カウンター
P R
忍者ブログ [PR]